Bizlink

フリーランスエンジニアの末路は詰んでいる!?|理由を知り、対策を考えよう

data-icon投稿日 2021.07.06data-icon更新日 2024.01.22
フリーランスエンジニアの末路は詰んでいる!?|理由を知り、対策を考えよう
  • この記事から得られる情報この記事から得られる情報

会社員時代と比べて年収アップも期待できる「フリーランスエンジニア」ですが、誰もがその目標が達成できるわけではないようです。

現在会社員として働いている人の中に、将来的にはフリーランスエンジニアとして独立したいと考えている人もいることでしょう。

しかしネットで情報収集をしていると、「フリーランスエンジニアはよくない」「フリーランスエンジニアの末路はひどいものだ」といったネガティブな意見も見られます。

本記事では、フリーランスエンジニアの末路がひどいと言われてしまう理由や、フリーランスエンジニアに向いている人、フリーランスで活躍するためのポイントなどを紹介します。

フリーランスエンジニアの末路がひどいといわれてしまう理由は?

フリーランスエンジニアの末路がひどいと否定されてしまう理由はいくつかあります。それゆえに、独立をしたいと家族や周りに伝えると、反対されてしまうというケースは少なくありません。

ここでは、フリーランスエンジニアになることを反対されてしまう理由を項目ごとに説明していきます。

収入が安定しない

フリーランスエンジニアに限らず、フリーランス全般で言えるのが「収入の不安定さ」にあります。フリーランスになると、案件は自分で獲得しなければならないですし、会社に所属している時のようには守ってもらえないからです。

フリーランスは、案件を獲得し、その報酬によって毎月の収入が決定します。そのため案件がなければ当然収入はゼロです。

企業に所属していれば、会社が獲得した案件の中から自分のすべき仕事が割り振られることが多いです。毎月の収入に関しても補償されているため、来月の収入の心配する必要はありません。

案件を獲得するために自分で営業をしなければならないですし、目をつけていた案件がライバルにとられてしまうなんてこともザラにあります。

独立前に顧客をすでに獲得していれば別ですが、全くのなしの状態で0からフリーランスになった場合は、仕事を獲得することが一番最初の課題となります。

業績悪化・景気の影響を受けやすい

案件を受注することで業務を行うフリーランスは、市場の動向・景気の変化、クライアントの業績の影響を強く受けてしまう傾向にあります。

景気が良い時やクライアントの業績が良い時は、比例して案件の数自体が多くなるため、単価の高い案件を選んで受けることも可能です。しかし、景気が悪化した場合にはすぐさま案件が減る・単価が下がってしまうのもフリーランス業界の常です。

会社員であっても会社の業績が悪化した場合や不景気になった場合は、リストラ・減給といった可能性もゼロではありません。しかし会社員には労働法などが適用されるので、急なリストラや不当な減給はできない仕組みになっています。

一方で、フリーランスエンジニアを含むフリーランス業界は、会社員ほど労働法で守られてはいません。そのため、状況が悪化した場合は真っ先にしわ寄せが来るのがフリーランスと言えるでしょう。

技術の幅を広げにくい

特に20代の頃の独立時に反対される理由は「フリーランスエンジニアになった後はスキルが伸ばしにくい」という点です。

会社員として働いている時は、仕事の内容や種類を自分で選ぶことができません。しかしフリーランスエンジニアになれば、自分の興味のある分野・得意分野を選んで受注することが可能です。

自分の受けたい案件ばかりを受けた結果、自分のスキルが伸びない・新しい技術が身につかないという懸念が生まれます。

とはいえ、フリーランスエンジニアになって不得意な分野・未経験の分野を受けることは非常に危険です。なぜなら、企業はフリーランスに即戦力を求めているからです。

一般的に若すぎる時にフリーランスエンジニアになるのは良くないといわれるのは、このような理由もあるのでしょう。

マネジメントの経験が積めない

企業に所属をしていれば一般的に、30代~40代になるころには、様々なプロジェクトを経験していく中で、他の人との協力や工数管理といったマネジメント経験を身に着けていきます

フリーランスエンジニアになれば自分のスキルや技術だけで仕事をしていけば良いと思うかもしれませんが、そうでもありません。案件によっては複数人で行うケースもあるからです。

若い時は1人で受けられる案件で良いかもしれませんが、50代・60代になってもエンジニアとして活躍したい場合には、年齢や経験に応じてマネジメントも業務の中に入ってくることもあります。

そこで、若い年代の時にフリーランスエンジニアになってしまうと、マネジメント経験がない、または乏しいためにプロジェクトを仕切ることが難しくなってしまう可能性もあります。

社会的信用が低い

企業という肩書があるからこそ、会社員は社会的な信用が得やすいです。特に、ローンやクレジットカードの審査、賃貸契約の入居審査といった面ではフリーランスは不利な傾向にあります。

それは、フリーランスは一般的に「安定した収入を得ている」と証明しにくいからです。社会的な信用を得るためには安定して収入を得ている実績を作ることが必要なので、周囲から独立を反対されてしまう理由の1つとして挙げられることが多いです。

フリーランス人口が増えた理由・背景

フリーランスエンジニアを含め、フリーランスとして活躍する人の数自体は年々、増加傾向にあります。

フリーランスエンジニアの末路がひどいといわれながらも、人口自体が増えている背景や理由は何があるのでしょうか?

慢性的な人手不足

日本国内の事情でいえば、晩婚化・少子高齢化などの背景から、労働人口自体はどんどん減っています。エンジニアの業界においても、人手不足の現状は同じです。しかし専門職は、知識や経験・実績のある人材がクライアントや企業から求められます。そのため、プロジェクト単位で即戦力として戦えるフリーランスは、非常に需要があると言えるでしょう。

さらにIT技術の進歩やIT技術を応用した仕事エンジニアの業界は、ジャンルこそ色々ありますが、日々進歩・変化が激しい業界でもあります。そのため、エンジニア自体は常に求め続けられているという事情があります。

このような背景から、エンジニアは売り手市場の立場となり、フリーランスエンジニアとしても十分やっていけると思う人が増えていると言えるでしょう。

ワークスタイルの変化

以前の日本では「1つの会社で定年まで勤めあげる」というのが当たり前でしたが、現在の日本は1つの企業に長く務める人ばかりではありません。

以前よりも転職は普通になってきましたし、企業で経験を積んでから独立するケースも珍しくありません。

このように、仕事をするスタイルに関して柔軟性をもっても良いと考える人が増えたことによって、ワークスタイルの1つの選択肢である「フリーランス」を選ぶ人も増えた背景があります

この変化は、エンジニア業界も含め、フリーランス業界全体におこっていると考えていいでしょう。

フリーランスを支援する環境

派遣・アルバイト・パートのような雇用形態のほかに「業務委託契約」という契約も存在します。これはフリーランス業界では当たり前の契約で、案件ごとに契約をするケースが一般的です。

最近では、フリーランスエンジニアと企業とのマッチングを斡旋する事業者も増えてきました。このような事業者の増加によって、フリーランスを含む人材の流動が激しくなったことが背景にあります。

会社側も、自分で人材を集めるのではなく、事業者を通じて人材を確保できるので非常に利用しやすい点も、人材斡旋の事業者が増えている理由の一つとして挙げられるでしょう。

フリーランスエンジニアがおすすめできない人

これまで「フリーランスエンジニアの末路がひどい」と言われてしまう理由を挙げてきましたが、決して全ての人にフリーランスエンジニアが向いていないというわけではありません。

ここでは、フリーランスエンジニアがおすすめできない人・向いていない人を紹介していきます。

自己管理ができない人

フリーランスエンジニアになると、仕事・お金・体調面など全てのことに関して自分で管理しなければなりません。

例えば案件のスケジュール管理がしっかりとできていないと、納期に間に合わない・無理をして納期に間に合わせようとした働き方をしなければならないことも出てきます。

さらに、報酬の請求や入金確認・連絡なども全て自分で行わなければならないのが、フリーランスです。

クライアントとの信用を些細なことで失ってしまう可能性があるため、常に自分で自分をコントロールする能力が求められます。

仕事・お金・時間を全て自分の自由にできる反面、責任もすべて自分にかかってくるという事を忘れてはいけません。

そのため、こういった事を自分で管理できる自信がない人には、フリーランスエンジニアという働き方はおすすめできません。

コミュニケーション能力に自信がない

エンジニアには、営業スキルやコミュニケーション能力はあまり必要ないと思っている人がいるかもしれません。

しかし、フリーランスエンジニアになってしまうと、案件の獲得やクライアントとの交渉など、他者とのコミュニケーションは必須になります。

そのため、営業活動・交渉や提案が苦手だという人もフリーランスになることはおすすめできません。

独立のリスクを考慮できていない

フリーランスは、会社員の時のように毎月決まった収入はありません。
あくまで案件に応じて報酬が決められています。

他にも、社会保険料や年金など、今までは給料から天引きされていたものを自分で支払っていかなければなりません。
「思っていたよりも手元に残る金額が少なかった」とならないためにも、フリーランスになることで何が変わるのかを事前に調べて対策しておく必要があります。

そのため、単純に「フリーランスエンジニアは会社員よりも楽だ、自由に働ける」と思っている人には向いていないといえるでしょう。

フリーランスエンジニアの末路がひどいといわれないためにできること

フリーランスエンジニアの末路はひどいといわれることもありますが、フリーランスエンジニアになったことで会社員時代よりも活躍できている人がいるのも、また事実です。

ここでは、フリーランスエンジニアとして活躍していくためのポイントを紹介します。

実績・経験を積んだ後にフリーランスになる

どこの業界でも共通していえますが、エンジニアの世界であっても、未経験の人より経験者に仕事を任せたいのは普通です。そのため、独立後に安定して仕事を得たいというのであれば、会社員時代に実績や経験を積んでクライアントに信用してもらいやすいようにすることは必須です。

たとえ失敗した経験ですらも、起こりうるトラブルに対処するために必要なスキルとなりうるでしょう。

特に、過去の実績と似た案件があればクライアントからの信用も得やすいので、フリーランスになった後も安定した案件を獲得しやすいでしょう。

独立前から仕事・クライアントを確保する

フリーランスエンジニアになる時は「来月からフリーランスなろう!」と突発的に考えるのではなく、長期的にプランを考えてから独立することをおすすめします。

フリーランスエンジニアになることを想定して事前に動いておくことにより、独立した直後も仕事が確保できれば、最初から安定した収入を得ることができます。

会社員時代の時からSNSやホームページなどを作成して、自分の実績やスキルを紹介し、独立後に贔屓にしてもらえそうな顧客と事前にコンタクトを取っておくのも良いでしょう。

40代後半からの働き方を考える

フリーランスエンジニアは何歳までででも続けられる仕事ですが、高齢になるほど案件が減ってくるのも事実です。そのため、フリーランスエンジニアを含むフリーランスの末路はひどいといわれてしまいます。

若い世代の人をメインに発注するといったクライアントも多いので、年を取った後にできる仕事の仕方について事前に考えておくことも重要です。

例えば、20代~30代にはない自分にしかできない技術やスキルを身に着ける・考える必要があります。例としては、コンサルやアドバイザーなどといった、若手を育成する立場になるなどです。他にもPMを担当するなど、若手メンバーをマネジメントする立場としてプロジェクトに関わる方法もあります。

あらかじめプランニングを行い、逆算して今必要なスキルや案件を獲得するようにしていきましょう。

フリーランスエンジニアのキャリアパスの描き方については、別記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアになるなら『Bizlink』

「フリーランスエンジニアとしてやっていけるか不安」という方や、「これからどうしていこうか悩んでいる」という方は、『Bizlink』に在籍するコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。

Bizlinkでは、キャリア相談を踏まえたうえでの案件紹介が受けられて、スキルアップしながらフリーランスエンジニアとして働くことが可能です。Bizlinkで扱っている案件には多様な言語・職種・働き方があり、理想のフリーランスエンジニアを目指しやすくなります。

また、高単価案件も多くあるので、収入を安定させたいフリーランスエンジニアにもおすすめです。登録は無料ですので、ぜひチェックしてみてください。

Bizlinkへの無料登録はこちらから

まとめ

フリーランスエンジニアの末路について紹介しました。多くの人が懸念する「収入の安定性」「社会的信用度」などが理由としてあ挙げられますが、これは会社員の人に関しても全く関係ないわけではありません。

そのため「フリーランス=末路がひどい」と考えるのではなく、フリーランスにありがちなリスクやデメリットを知った上で、回避する方法や仕事の方法を考える必要があります。

フリーランスエンジニアとして活躍するために気を付けるポイントを事前に知り、自分らしい働き方を見つけてください

BIZLINK

3人にひとり
フリーランスの時代
さあ、あなたも!