Bizlink

【フリーランスエンジニア必見!】掛け持ちの成功戦略とメリット

data-icon投稿日 2022.04.07data-icon更新日 2023.05.19
【フリーランスエンジニア必見!】掛け持ちの成功戦略とメリット
  • この記事から得られる情報この記事から得られる情報

フリーランスエンジニアとして働くうちに、収入アップや安定を目指して「案件を掛け持ちしたい」と思うようになってくる人も多いのではないでしょうか。

実際、複数の案件を掛け持ちしているフリーランスエンジニアも多くいます。しかし、案件を掛け持ちすることでさまざまなメリットが得られる反面、当然注意しなければならないことも出てきます。

そこで本記事では、フリーランスエンジニアが掛け持ちする方法と注意点について解説します。また、掛け持ちの成功率をあげるポイントについても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

初心者フリーランスエンジニアが収入を増やすには、掛け持ち

フリーランスエンジニアが収入を伸ばすためには、「単価の高い案件を請ける」か「案件数を増やす」しか方法はありません。

しかし、なかには「高単価の案件を請けられるほど、高度なスキルを持っていない」という人も多いでしょう。

フリーランスエンジニアは個人で仕事を請け負うため、その仕事の責任はすべて自分にあります。そのため、軽い気持ちで案件に応募するのは気が引けるのは当然です。

もし現在のスキルに自信が持てず、単価の高い案件を請けることに不安がある人は、まずは案件数を増やしてみると良いのではないでしょうか。

フリーランスエンジニアのなかには、常に複数の案件を掛け持ちしている人も少なくありません。フリーランスは自由な働き方ができる分、仕事量のコントロールもしやすいのが事実です。

これまでの働き方を変えるのは不安を感じると思いますが、掛け持ちすることで新しい世界を開くことができ、フリーランスエンジニアとしての成長を加速させることにつながるでしょう。

フリーランスエンジニアが案件を掛け持ちするメリット

フリーランスエンジニアが案件を掛け持ちするメリットはさまざまありますが、代表的な4つを紹介します。以下で、ひとつずつ詳しく紹介していきます。

収入が増やせる

まず、案件数が増えることで単純に収入が増えます。さらに、複数の案件を持っていると他の案件と比較をして交渉ができるので、単価交渉の際に有利な立場に立てるケースもあります。

また、1つの案件が終わっても、収入がゼロになる心配もありません。フリーランスになると会社員のように収入面で守られるものがなくなるため、複数の案件を常に持っておくことは精神的な安心にもつながります。

スキルの向上になる

複数の案件を掛け持ちすることで、スキルの向上を図ることができます。

たとえ一つ一つが似たような案件内容だったとしても、細かな技術や開発体制はクライアントごとに異なるため、多くの案件に触れてクライアントと関わることにより、プログラミング言語以外のスキルセットの向上にもつながります

それぞれのクライアントの良い部分を取り入れたり、これまで未知だった部分に触れたりすることで、自身の成長スピードを早めることができるでしょう。

その結果、フリーランスとしての市場価値の向上にもつながります。

リスク分散になる

フリーランスエンジニアとしてプロジェクトに関わっていると、途中でプロジェクトが打ち切られたり、予定通りに進まなかったりすることは多々あります。

当初の契約より早く打ち切りになった場合、翌月からの収入がなくなるため、急いで次を探さなければなりません。

しかし、案件を掛け持ちしていれば、1つのプロジェクトが打ち切りになっても慌てずに次の案件を探せるようになります。

フリーランスは会社員のように安定しているわけではないため、常に案件がなくなる(=収入がなくなる)リスクがあります。複数の案件を掛け持ちしてリスクを分散しておくことで、精神面の安定を図ることができます。

気分転換になる

人は同じ作業を繰り返していると飽きてくるものです。
複数の案件を掛け持ちして気分転換ができれば、作業の効率もアップします。

1つの案件だけに取り組むよりも、定期的に違う業務を行って頭を切り替えることにより、その度に脳をリフレッシュすることができます。結果、作業効率の向上につながり、さらなるスキルアップや収入の拡大につながるでしょう。

もちろん、2つのことが同時にできないという人もいると思います。しかし、大きなプロジェクトでも一つ一つの作業をタスク化すると意外とシンプルに完結するものです。また、案件を複数抱えている人でも、マルチタスクはなかなか難しいもの。今やるべきタスクを明確にすることで、頭がこんがらがることなく、目の前の仕事に取り組むことができます。

フリーランスエンジニアが案件を掛け持ちするときの注意点

上記で紹介したように、案件を掛け持ちすることにはメリットがたくさんありますが、注意すべきこともあります。ここでは、掛け持ちするときの注意点について4つ紹介します。

契約内容の確認

自分のスキルに合った案件を獲得することが多いため、似たようなジャンルの案件を掛け持ちする方が効率が良いと考える方も多いでしょう。その際に気をつけたいのが、契約の内容です。

「競合避止義務」という規約を聞いたことのある方もいるかと思います。この規約は、簡単に言うと「クライアントの同業他社と取引したり、競合するような内容の事業を行うことを制限する」というものです。

既存の案件と競合するような内容の案件の場合は、このような契約があるのかどうかを確認しておきましょう。万が一、現在請け負っている案件でこの契約を取り交わしている場合は、この制限に当てはまらない案件を探す必要があります。

競合避止義務などの契約上の制限や知的財産権の取扱いなど、様々な法的な面を考慮する必要があるということを念頭においておきましょう。

休みが取りにくくなる

複数の案件を掛け持ちすることで、その分仕事量は増えます。そのため、意識して休みを取らなければ、働き詰めの状態になりかねません。

もともと、フリーランスという働き方には定休日があるわけではないため「気付くとオーバーワークになっていた・・・」という人も多いでしょう。

また、クライアントの都合に合わせなければならないケースもあり、休みが取りにくくなるケースも考えられます。
オーバーワークになって身体を崩してしまえば、働けなくなってしまうので結果収入もストップしてしまいます。そうならないためにも、自分の休みを確保した上で、複数の案件を掛け持ちできるように調整をしましょう。

スケジュール管理に気をつける

案件を掛け持ちすると、計画的・効率的に仕事を進めていくことが非常に重要になってきます。

1つの案件であれば少々無理をして仕上げることができたとしても、複数の案件で重なると同じようにはいきません。

まずは各案件のタスクを洗い出し、工数を事前に見積もってスケジュールを考える必要があります。

このスケジュール管理がしっかりできていない場合、最終的に納期ギリギリに焦って完成させることになりかねません。
仕事の質や自身の信頼を担保するためにも、余裕を持ったスケジュール管理を行うように心がけましょう。

品質を落とさない

フリーランスは、働いた時間ではなく成果物の品質によって仕事が評価されます。

そのため、クライアントが求める期待値以上のクオリティに仕上げてこそ、市場から求められる人材になれると言っても過言ではありません。

案件を掛け持ちして業務を圧迫しすぎると、「とりあえず完成させる」などの低品質な仕上がりになってしまう可能性が高くなってしまいます。

案件数が増えて忙しくなったとしても、時間配分には十分に気をつけて、1つ1つの仕事の品質を落とさないように心がけましょう。そういった行動の積み重ねの結果、単価アップやさらなる案件の獲得につながります。

体調管理を万全にする

働きすぎて体調を崩しては元も子もありません。とくにフリーランスは会社員のように手当や保障があるわけではないため、体調を崩して業務ができなければ、収入が得られなくなります。

ITエンジニアの仕事は一日中パソコンに向かうことが多く、運動不足になりがちです。また、フリーランスになると昼夜逆転する人も多く、心身ともに体調を崩しやすいやすいのも事実です。

体調管理のためにも規則正しい生活を心がけ、定期的に運動を取り入れましょう。

フリーランスエンジニアが掛け持ちの成功率をあげるポイント

フリーランスエンジニアが案件を掛け持ちするためには、さまざまな要素が求められます。
ここでは、案件を掛け持ちするためのポイントについて紹介していきます。

スキルを磨く

さまざまな案件に対応するためには、スキルを磨くことが重要なポイントとなります。スキルが低いとその分請けられる業務が狭まり、案件探しも難航しやすくなるためです。

スキルが高いと幅広い案件に対応できるだけにとどまらず、高品質な成果物を納品できるようになるため、クライアントからの信頼も得やすくなります。

ここでいうフリーランスエンジニアにとってのスキルとは、技術面だけではありません。コミュニケーション能力やスケジュール管理など、ビジネスマンとしての能力も含めた総合的な能力のことを指しています。

これらのスキルセットを向上させるために、日々の業務にプラスして勉強会やセミナーに参加するのもよいでしょう。

クライアントと信頼関係を築く

フリーランスエンジニアとして案件を掛け持ちするなら、クライアントとの信頼関係は重要な要素のひとつです。

なぜなら、新規で案件を獲得するよりも同じクライアントから案件を紹介してもらうほうが、お互いにメリットが多くなるからです。

新規で採用するとなると、その人の人柄やスキルセットが不明な状態でゼロから信頼関係を築かなくてはなりません。それは採用側にとっても、大きなコストとなります。そのため、すでに仕事をしたことのある間柄の人に頼むことができるのであれば、無駄なコストを削減できますよね。

そもそも掛け持ちするしないに関わらず、クライアントから信頼されるかどうかは、フリーランスとして続けていくため人は非常に重要なポイントです。

「受注した仕事には全力で向かう」「素早いレスポンスを心がける」「定期的に報告を行う」など、プログラミング以外の細かな部分も大切にし、信頼を築いていきましょう。

案件の選び方に気をつける

案件を掛け持ちしたいフリーランスエンジニアの多くは、「今よりも収入を増やしたいから」ではないでしょうか。

しかし、「とりあえず仕事があれば何でも良い」という探し方では、仕事量が増える割に収入が思ったように増えないという最悪の事態を招きかねません。

そうならないためにも、お互いによい作用を生み出し、効率よく収入アップできるような案件を選ぶのが成功への近道となります。

募集要項をよく読み、自分が提供できるスキルと求められているスキルのバランスが均衡するかを見極めましょう。また、求められる働き方(納期など)や報酬が自分の希望と合致しているかどうかを判断基準とし、スキルアップのためだとしても、やみくもに案件を増やすことのないように気をつけましょう。

フリーランスエンジニアが案件を掛け持ちするための方法

ここからは、実際に案件を掛け持ちするための具体的な方法を紹介していきます。
とはいえ、通常の新規案件を探す方法と何ら変わりはありません。

それぞれの特長を踏まえて、自分に合った探し方を見つけてみてください。

クラウドソーシングで案件を探す

フリーランスエンジニアが仕事を探すうえで、まず登録しておきたいのがクラウドソーシングです。

日本最大手の「クラウドワークス」や「ランサーズ」といった有名なクラウドソーシングには、ITエンジニアに向けた案件募集が豊富に揃っています。

クラウドソーシングを利用することで、契約や支払いに関して心配がいらないなどのメリットがあります。しかし、手数料が発生するため、その分手取りは少なくなる点には注意が必要です。

知り合いに案件を紹介してもらう

過去の職場や取引先の人、もしくはSNSなどで知り合った人に案件を紹介してもらい、案件を掛け持ちする方法もあります。

知り合いからの紹介による案件は直接契約が結べるケースが多く、手数料が発生しない分、収入を伸ばしやすいというメリットがあります。

ただし、稼動前にしっかり契約書を結んでおかないと、支払いや何かの問題が起きたときに揉める可能性があるので注意が必要です。

エージェントに登録して案件を獲得する

フリーランスエンジニアが案件を掛け持ちするなら、エージェントにも登録しておきましょう。

一般的なエージェントでは、登録後に専任のアドバイザーがつき、フリーランスの要望に合わせた案件を探して提案してくれます。

また、契約の交渉や面談設置まであらゆるサポートをしてくれるので、営業が苦手な人にもおすすめです。

多くのエージェントでは登録自体は無料で、契約の際に手数料が発生するケースが多いです。

手数料がかかるとはいえ案件探しのプロに任せられるので、今の案件をこなしながら効率よく収入アップを目指せるでしょう。
以下に、フリーランスエンジニアがエージェントを活用するメリットを詳しく記載します。

フリーランスエンジニアがエージェントに登録するメリット

ここからは、フリーランスエンジニアがエージェントに登録するメリットを4つご紹介します。

豊富な案件から選べる

一般的なフリーランス向けのエージェントは、多くの企業にアプローチしてフリーランス求人を開拓しています。

とくにエンジニアに特化しているエージェントの場合、言語ごとの案件が豊富で、スキルや希望条件にマッチした案件が獲得できるようになります。

個人で案件を探す場合は数が限られてしまいますが、多くの求人を扱っているエージェントなら非公開案件も多く持っているため、より希望に沿った案件に出会うことができるのです。

また、フリーランスとしての今後の方向性も考慮しながら案件を探し、紹介を受けられるのもメリットのひとつです。

高単価の案件が探しやすい

エージェントを利用するメリットの2つ目は、高単価の案件が探しやすくなることです。
基本的にエージェントで扱っている案件は、クラウドソーシングの単価よりも高いケースが多いです。

近年、多くの企業でITエンジニアが不足しているといわれており、エージェントには高い報酬を払ってでも人手不足を解消したいと考える企業が求人を出しています。そのため、個人では探せないような大手企業の案件を紹介してもらえる可能性もあります。

エージェントを利用すると手数料が徴収されるというデメリットはありますが、その手数料を払ってもあまりある高単価な案件に出会うこともできるでしょう。

万が一、希望の単価に届かない場合はエージェントが単価交渉をおこなってくれるため、交渉が苦手な人でも報酬アップに期待できます。

案件が途切れるリスクを減らせる

フリーランスとして働く以上、仕事がなくなるリスクは常にあります。そのため、生活が不安定になりやすく、将来を不安に感じることもあるでしょう。

常に複数の案件が掛け持ちできれば収入面では安心ですが、必ずしも常にその状態が保てるとは限りません。

しかし、エージェントに登録しておくと「1つの案件が終わる時期を考慮して次の案件に備える」ということが自動で行えるので、案件が途切れて収入がなくなるといったリスクを減らすことができます。

福利厚生が使えるエージェントもある

フリーランスエンジニアとして働いていると、基本的には会社のように福利厚生を受けることはできません。

税金や保険などは全額自分で支払わなければなりませんし、各種手当や補助などを受けることもできないため、負担に感じる人も多いでしょう。

そこで利用したいのが、福利厚生などのサポートが受けられるエージェントです。

サポート内容はエージェントによって異なりますが、健康診断や確定申告サポート、各種優待利用などが挙げられます。

実務と関係がない事務的な作業もすべて1人でこなさなければならないフリーランスだからこそ、福利厚生の手厚いエージェントの利用はおすすめです。

まとめ

今回は、フリーランスエンジニアが案件を掛け持ちする方法や注意点について紹介してきました。

案件を掛け持ちするにはさまざまな能力が必要ですが、何よりも「絶対にやり遂げる」という自信を持つことが大切です。

今後、案件の掛け持ちを検討している人には、Bizlinkがおすすめです。Bizlinkでは、高単価案件を豊富に取り揃えており、希望に沿った案件を探すことができます。

無料登録はこちらからおこなえます。専任コンサルタントのサポートが受けられるため、将来的なキャリアプランを相談してみてはいかがでしょうか。

BIZLINK

3人にひとり
フリーランスの時代
さあ、あなたも!